労働審判

労働審判は、使用者と労働者との間の個々の紛争を解決するための手続ですが、原則3回以内の期日で審理を行うという点に特徴があります。この点は、一方では紛争の迅速な解決という効果を持ちますが、他方では最初から集中した主張及び立証を必要とするという意味も持ちます。

労働審判においては、このように、第1回期日までにしっかりと準備をして臨むことが大事です。しかし、不慣れであると、何をどのように準備すればいいのかわからず、結果不十分な進行となって自身に不利となり、また双方にとっても良い解決を生み出しづらくなるということが起こり得ます。

労働審判をすることになったがどうすればいいかわからない、などでお困りでしたら、一度ご相談をください。

企業側人事労務に関するご相談

初回30分電話・来所法律相談無料

顧問契約をご検討されている方弁護士法人ALGにお任せください

土日祝日・年中無休・24時間電話受付中

※会社側・経営者側専門となりますので、労働者側のご相談は受け付けておりません

会社側・経営者側専門となりますので、労働者側のご相談は受け付けておりません

会社側・経営者側専門となりますので、労働者側のご相談は受け付けておりません