団体交渉、労働組合対策

個々の労働者は微力でも、多数の連帯を持てば強い力を示すことができるようになります。そのような組織として労働組合がありますが、労働組合は更に労働法について詳しいことが多く、時として手ごわい存在となります。個別の労働者に対してぞんざいな扱いをしていると、労働組合を通じて手痛い逆襲を受けることにもなりかねません。

労働組合に対しては、小手先のごまかしといったものは通用しにくいです。本来であれば、労働組合の介入する隙を作らないようきちんと規則、制度を整備し、労務の管理を行うべきですし、結局はそれが王道ということになります。

もっとも、いざ労働組合が介入してきたとしても、確認すべきは確認し、反論すべきは反論し、誤りのない解決を導くよう、落ち着いて対処しなければなりません。

労働組合の介入があり困っている、そうならないよう一度社内制度など点検したい、そういったことをお考えでしたら、ご相談をください。

企業側人事労務に関するご相談

初回30分電話・来所法律相談無料

顧問契約をご検討されている方弁護士法人ALGにお任せください

土日祝日・年中無休・24時間電話受付中

※会社側・経営者側専門となりますので、労働者側のご相談は受け付けておりません

会社側・経営者側専門となりますので、労働者側のご相談は受け付けておりません

会社側・経営者側専門となりますので、労働者側のご相談は受け付けておりません