宇都宮の弁護士へ離婚の相談をするなら弁護士法人ALGへ

離婚についてお悩みなら、

弁護士法人ALG
宇都宮支部

ご相談ください。

一人で悩まないでください。私たちは、あなたの味方です。
一人で悩まないでください。私たちは、あなたの味方です。

来所相談30分無料で承っております。

専任の受付スタッフが親切丁寧にご対応致します。慰謝料・親権・財産分与・養育費など離婚問題でお悩みの皆様からのご相談を心よりお待ちしております。

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

離婚の方法と弁護士へ依頼することのメリット

離婚では、子のことや金のことなどで対立を生じやすいです。基本的に、お互いにもはや信頼がないから離婚に至るわけであり、対立は容易に解決することができません。離婚が人生の一大転換点であることからも、お互いが物分かりよくきれいに別れられないのであれば、専門家に依頼することを考える方がよいでしょう。

宇都宮で離婚を考えている方へ

当支部は、宇都宮を中心に北関東圏(東北南部も)を対象に活動をしています。これまでも、多くの離婚のご相談、ご依頼を受けてきました。宇都宮だからと言って何か特殊なわけではなく、誰しも夫婦や離婚というものに悩みや行き詰まりを感じて、ご相談に来られます。同様にお困りなのであれば、弁護士へのご相談・ご依頼を是非お考え下さい。
先にも記載したとおり、離婚は人生の一大転換点です。弁護士への依頼を決してハードルの高いものとは考えず、その解決に悩むことがあればお気軽にご相談ください。

宇都宮支部長 弁護士 山本 祐輔

宇都宮で地域に根差し、
離婚後の生活を見据えたご提案を行います

当宇都宮支部は、ALG内において、北関東を主として担当しています。栃木県を中心に、群馬県、茨城県、福島県など周辺地域からのご依頼も受け、活動しています。離婚、婚姻費用分担請求、面会、監護者指定、親権者変更など、家事事件も多く手掛けており、夫婦、家庭の問題でお困りのことがございましたら一度ご相談をください。

離婚で悩まれているあなた、
どうか一人で悩まないでください

離婚で悩まれているあなた、どうか一人で悩まないでください

離婚は、人生の大きな転機です。原因の是非や、どちらに責があるかというのはあるでしょうが、確かな事実として、離婚をすれば日常がそれまでと変わります。その変化は、いいものなのか、悪いものなのか、いいも悪いもあるのか、さまざまでしょう。ただ、人生はできる限りいいものとしていかなければいけません。どのように離婚を実現するかと同じくらい、どのような条件で離婚をするかは重要です。離婚に悩まれることがあれば、一度ご相談ください。

年中無休・24時間
土日祝日もご相談受付中

離婚でお悩みの方は
お気軽にご相談ください。

必ずあなたのお力になります。

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

0120-979-039 メールでお問い合わせ

こんな場合は
離婚できる?

離婚は、夫婦双方の離婚意思の合致、または婚姻の継続は相当でないとみなされる所定の要件を満たす場合に、することができます。

離婚成立前に別居したい

離婚前に別居へ至るケースは多いです。一緒に暮らすのがそもそも嫌であったり、離婚手続中の相手からの有形、無形の圧力をかわしたいということであったり、財産分与や扶養責任の請求に向け状況を固めたいということであったり、別居の理由はさまざまでしょうが。
別居に向けては、まずは住まいの確保と金銭的な目途をつけるということが必要でしょう。また、身勝手な同居義務の放棄などと言われないよう、別居・離婚を求めることとなった原因について記録しておくことも大事です。その他、家を出たならもう戻れないと考えるべきで、必要物の整理と持ち出し、財産関係の資料の確保をすべきです。収入がある側なら、生活費請求がなされることを想定した積立てが必要となるでしょう。

出来る限り
有利な条件で離婚したい

離婚は、その時限りの問題と考えるべきです。離婚後改めて条件を定めるとしても時間やコスト、労力が馬鹿になりませんし、また「これを離婚条件として、今後はもう何も言わない」とすればそれきりとなります。そのため、離婚の機会には、なるべくいい条件で離婚したいものです。

子供がいる場合の離婚

現在の日本の法律では、離婚をすると子の親権はどちらか一方しか取得できません。また、実際の子の生活は、子の監護者(特段のことがない限り、親権者と同じです。)の下でということになり、他方親とは面会の時の交流に留まるということになります。
一方で、子の育成に要する経済的負担は、変わらず両親ともに分担することとされます。
そのため、離婚に伴っては、子のことで対立、解決を要することが多くなります。

子供がいる場合の離婚

浮気・不倫が原因のお悩み

不貞行為については、不法行為として慰謝料請求の対象となります。また、その対象は、自身の配偶者のみでなく、その交際相手も含まれます。もっとも、不貞行為に対する慰謝料請求は、掘り下げるとそれなりの論点や注意点を秘めた事項でもあります。

外国人との
国際離婚をしたい方

外国人との国際離婚をしたい場合

国際離婚については、どこの国の法律が適用されるのか、裁判所を用いる場合はどこの国の裁判所が管轄するのかといった問題があります。
特に裁判所を用いる場合、相手方が帰国して国内にいないときはいろいろな手続きが必要になるので、専門家へ相談されることをお勧めします。

ご相談頂ければ、
きっと弁護士の印象が変わります。

弁護士というと、相談をするにもなんともハードルの高いところという印象を持たれているのかと思うことはあります。しかし、弁護士は依頼を受け依頼者のため活動するのが役割の本旨です。一度ご相談に来ていただければ、そのことを感じていただけるのではないかと思います。

離婚相談の流れ

年中無休・24時間
土日祝日もご相談受付中

離婚でお悩みの方は
お気軽にご相談ください。

必ずあなたのお力になります。

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

0120-979-039 メールでお問い合わせ