算定水準以上の額で傷害慰謝料を請求し、保険会社はほぼ満額で応じた事案

交通事故

算定水準以上の額で傷害慰謝料を請求し、保険会社はほぼ満額で応じた事案

被害者の状況:
頸椎、腰椎捻挫
争点:
賠償額
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 60万円 100万円 約40万円の増額

交通事故事件の概要

依頼者は、信号待ちのところを追突され、頸椎、腰椎の捻挫を負った。治療終了後、後遺障害等級は認定されず、示談に進んだが、依頼者としては自身の被った苦痛等について、相場以上のものであるということを認めてもらいたい気持ちが強いとのことであった。

弁護士法人ALG&Associates

宇都宮法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

傷害慰謝料について、敢て算定水準以上の額で請求を行なったところ、相手方保険会社は意外とそれをほぼ満額で応じるとした。依頼者も、それなら納得をするとのことで、協議が成立した。

交通事故 解決事例一覧 交通事故ページに戻る