後遺障害等級認定や賠償額の交渉において助力し、併合9級の認定・500万円以上の賠償額上積みとなった事例

後遺障害等級認定や賠償額の交渉において助力し、併合9級の認定・500万円以上の賠償額上積みとなった事例

後遺障害等級:
併合9級
被害者の状況:
頭部骨折
脳挫傷等
争点:
賠償額
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 未提示 約2253万 500万円以上の上積みを得る
後遺障害等級 認定前 併合9級 認定をサポート
過失割合 未提示 依頼者30:相手方70 適切な割合へ

交通事故事件の概要

自転車走行中、道路を横切ろうとしたところで四輪車と衝突したもの。

弁護士法人ALG宇都宮法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

事故後ほどないところからの介入となり、依頼者は頭部に重傷を負って感覚障害もあったため、治療が長引いた。治療や後遺障害手続きについて助力し、併合9級が認定された。その後、事故相手方側と示談協議、逸失利益の点で喪失割合など争われるも、障害の影響を丁寧に説明するなど交渉を重ねた結果、1度目の回答から500万円以上の上積みを得た。

交通事故 解決事例一覧 交通事故ページに戻る