相手方からの治療打ち切りに対し必要な治療期間や治療費の交渉等を行った事例

相手方からの治療打ち切りに対し必要な治療期間や治療費の交渉等を行った事例

後遺障害等級:
併合11級
被害者の状況:
右股関節
右骨盤
右膝の骨折
争点:
治療期間
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 未提示 約1925万円 適正な賠償額を獲得
後遺障害等級 固定前 併合11級 認定をサポート

交通事故事件の概要

相手方がセンターラインを越えて衝突した事故で、依頼者は複数の骨折を負う。

弁護士は事故後間もない治療初期から介入した。

弁護士法人ALG宇都宮法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

依頼者は重傷で、なかなか治療期間や症状固定の判断時期にめどが立たない中、保険会社からの治療終了の打診に対して、都度申入れ等を行い、依頼者の治療に必要な期間、治療費対応を続けるよう掛け合った。

また、休業の関係で依頼者の勤務先と必要の折は連絡を取り合い、依頼者の給与減額、賞与減額についてもれなく補償を受けられるよう、必要な書類の用意などで話をした。そのように、依頼者が治療に専念できるよう取り計らい、症状固定に際しては併合11級の等級認定もなされた。

交通事故 解決事例一覧 交通事故ページに戻る