後遺障害等級・逸失利益等について交渉し、弁護士介入により当初提案から倍増近く増額した事例

後遺障害等級・逸失利益等について交渉し、
弁護士介入により当初提案から倍増近く増額した事例

後遺障害等級:
併合9級
被害者の状況:
上腕部の痛み、外貌醜状
争点:
後遺障害等級、後遺障害逸失利益
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 未提示 約1100万円 適正な賠償額を獲得
後遺障害等級 固定前 併合9級 認定をサポート
過失割合 当方30:相手方70 当方20:相手方80 過失割合をより有利に

交通事故事件の概要

依頼者が自転車で道路を斜め横断後に左方直進しかけたところ、相手方四輪車と衝突したもの。治療中より弁護士が介入した。

弁護士法人ALG大阪支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

後遺障害等級は、最初併合12級であったが、異議申立ての結果、併合9級に上がった。しかし、外貌醜状が主となっているため、相手方側は当初逸失利益を併合分の局部神経症状についての14級相当でしか認定せず。

過失割合も3:7の主張であった。逸失利益については、接客業という点から実態を説明し、過失割合についても相手方提示の類例に対し本件との違いを指摘していったところ、逸失利益は300万円ほどの上昇、過失割合も2:8で歩み寄りとなり、解決のためのさらなる上積みも引き出し、当初提案から倍増近い増額となった。

交通事故 解決事例一覧 交通事故ページに戻る