有責配偶者からの離婚請求で、弁護士の交渉により金銭の支払いを無くすことができた事例

有責配偶者からの離婚請求で、弁護士の交渉により金銭の支払いを無くすことができた事例

依頼者の属性
50代
女性
自営業
子供無
相手方の属性
50代
男性
会社員
受任内容
有責配偶者からの離婚請求
弁護士法人ALGに依頼した結果
慰謝料相当額 金銭支払いなし

事案の概要

依頼者が不貞を行なっていたところ、相手方にそれを気付かれている可能性が生じた。依頼者が離婚を求めると、相手方は一度離婚届を書くも、不受理届を行なった。同居中ではあるが、離婚はできないかとのことで依頼に至った。

弁護方針・弁護士対応

離婚調停を申し立てたところ、不貞はやはり把握されていた。ただ、相手方もことそこへ至ったことで踏ん切りがついたのか、離婚はすんなりと同意した。ただ、交際相手含め慰謝料は強く求めてきたので、こちらは財産分与を逆に求め、防御をはかった。

弁護士法人ALG宇都宮法律事務所・離婚案件担当弁護士の活動及び解決結果

慰謝料の点も夫婦関係破たんを主張するなどして防御を試みたが、それについては裁判所から最終的に認められるのは難しいのではないかと評された。一方、財産分与の方はそれなりの額が受領できそうな見通しとなり、相手方との間で調整をはかって、こちらも分与を取り下げる代わり、交際相手含め慰謝料も請求しないということで合意が成立した。

離婚 解決事例一覧 離婚ページに戻る