弁護士介入により相手方の金銭的請求の拒否と子の親権等を獲得できた事例

弁護士介入により相手方の金銭的請求の拒否と子の親権等を獲得できた事例

依頼者の属性
40代、女性、主婦、子供有
相手方の属性
40代、男性、会社員
受任内容:
相手方の金銭的請求の拒否、子の親権
弁護士法人ALGに依頼した結果
相手方より子の親権、慰謝料300万円と財産分与約550万円の請求 子の親権、養育費、財産分与は逆に家をもらい、解決金で50万円を受け取る

事案の概要

相手方が、依頼者の不貞、浪費や財産隠匿などを理由に慰謝料や財産分与請求を行ない、子の監護状況が不良として親権主張も行なった。
調停での成立を見ず、裁判となった。

弁護方針・弁護士対応

ほかの男性との交際自体は否定しがたい状況であったので、別居後に始まったものとして夫婦関係破たん後の主張を行なった。財産分与については、全財産からの計算では、相手方からむしろ支払ってもらうべきであることを主張した。

親権については、別居後の監護状況から、依頼者の監護養育に問題点は見いだせないことを主張した。そのように、相手方の請求に対する防御を行なっているうち、相手方側から和解の打診と条件提示を引き出せた。

弁護士法人ALG大阪支部・離婚案件担当弁護士の活動及び解決結果

子の親権、相当額の養育費、財産分与として自宅の譲受、解決金50万円を受け取る。

離婚 解決事例一覧 離婚ページに戻る