解雇

現在の日本の法律では、労働者を辞めさせることは簡単にはできません。そのため、問題ある労働者がいる場合、適宜対処しないと、その負担が延々残る恐れがあります。また、問題社員は、しばしば社内に軋轢をもたらし、周囲に負担をかけることで問題を拡大させていく恐れがあります。問題社員への対応は、迅速・的確に行う必要が高いものです。

問題社員については、まずその問題点を端的、正確に浮かび上がらせなければなりません。「説明はしづらいが、とにかく問題あると思う。」では、対処の取りようがありません。

問題社員であっても、簡単に辞めさせることはできないので、なるべくは活躍してもらうためにどうすればいいかを考えるべきでしょう。しかし、最終どうにもならないなら、辞めてもらうことも視野に入れざるを得ず、その時に向かって必要な準備を進めることも必要です。
問題社員に悩まされているのであれば、一度ご相談ください。

この記事の監修

宇都宮法律事務所 所長 弁護士 山本 祐輔
弁護士法人ALG&Associates 宇都宮法律事務所 所長弁護士 山本 祐輔
栃木県弁護士会所属。弁護士法人ALGでは高品質の法的サービスを提供し、顧客満足のみならず、「顧客感動」を目指し、新しい法的サービスの提供に努めています。
栃木県弁護士会所属。弁護士法人ALGでは高品質の法的サービスを提供し、顧客満足のみならず、「顧客感動」を目指し、新しい法的サービスの提供に努めています。

企業側人事労務に関するご相談

初回30分電話・来所法律相談無料

顧問契約をご検討されている方弁護士法人ALGにお任せください

土日祝日・年中無休・24時間電話受付中

※会社側・経営者側専門となりますので、労働者側のご相談は受け付けておりません

会社側・経営者側専門となりますので、労働者側のご相談は受け付けておりません

会社側・経営者側専門となりますので、労働者側のご相談は受け付けておりません